キトサンを摂取すことによって得られる効果の一つが血圧の上昇の抑制

キトサンには血圧を上げない働きがあるようです。生活習慣病を改善したい人、もちろん予防したい人にとっても、嬉しい効果ですね。では実際にどんなメカニズムがあるのでしょうか。

■なぜ高血圧になるのか
まず高血圧のメカニズムから理解しておきましょう。もちろん様々なタイプはありますが、よく言われる原因は、塩分の過剰摂取です。血中の塩分濃度が高くなると、それを薄めようとして、水分を血液中に入れようとします。すると血管がパンパンに膨れてしまいます。

つまり血管壁を押す状態が生まれます。これがいわゆる高血圧の状態です。言い換えるなら、塩分が関与する高血圧を改善するためには、元凶となる塩分を血中から取り除く、もしくは塩分を入れないことが求められるのです。

■キトサンは塩素を吸着します
食塩は、化学的には塩化ナトリウムと呼ばれますが、体内ではマイナスの電荷を持つ塩化物イオンとプラスの電荷を持つナトリウムイオンに分解されます。一方でキトサンは、体内でプラスイオンを持つ状態になり、塩化物イオンとくっつきやすくなります。

すなわちキトサンが塩素を吸着して体外に排出してくれるのです。塩素が体内に吸収されないので、血管内の塩分濃度が上がりません。これこそキトサンが血圧の上昇を抑えるメカニズムです。

■ナトリウムはどうなるか
キトサンによって塩素は排出されました。では残ったナトリウムはどうなるのでしょうか。人体にはナトリウムポンプと呼ばれる仕組みがあります。つまりカリウムが取り込まれると、自動的にナトリウムを排出してくれます。そのためカリウムが豊富に含まれる野菜類を日頃から摂取することをおすすめします。

■試してみましょう
濃い味の食事が止められない人は、キトサンサプリを試してみましょう。徐々にですが、血圧の上昇を抑える効果が実感できるかもしれません。とはいえ摂りすぎには注意しましょう。