コレステロールの数値が気になっている人は一度キトサンサプリメントをお試しください

血液中のコレステロールもキトサンで減らすことができるようです。健康診断でコレステロールの値を注意された人は、ちょっと気にしてみたいですね。

■コレステロールとは
よく耳にしますが、コレステロールとは、脂肪の一種です。多く摂取しすぎてしまうと、体脂肪として蓄積されます。また血管内で濃度が高まると、血液がどろどろになったり、血管を狭め血流を妨げる原因です。とはいえコレステロールは、すべてが悪者ではありません。不足すると身体の機能を維持できなくなります。そのため無理なダイエットやアンバランスな食事はよくありません。

■キトサンはコレステロールを吸着します
脂肪を分解する消化液のひとつに胆汁酸があります。これは体内に蓄積されているコレステロールから作られます。胆汁酸は、脂肪が消化管内に入ってくると盛んに分泌されますが、キトサンが胆汁酸と先に結合します。そして胆汁酸を体外へ排出してしまいます。

身体は、さらに胆汁酸を作ろうとしますので、体内のコレステロールが総動員され、どんどん消費されます。一方で消化管内には事実上、胆汁酸が不足します。すると脂肪の消化吸収が阻害されます。結果として血中のコレステロールが減る。そういうメカニズムが知られています。

■医薬品との併用は避けましょう
キトサンは胆汁酸を吸着することで、間接的にコレステロールの消化吸収を阻害してくれます。しかし他の成分も一緒に吸着する可能性があります。これは医薬品も例外ではありません。そのため医師から処方されている薬、もちろん市販薬やサプリであっても、キトサンとの併用は避けましょう。

特にDHAやEPA、そして抗血液凝固剤であるワルファリンなどは禁忌とされています。

■試してみましょう
血中コレステロールの値が気になる人は、キトサンサプリを試してみましょう。とはいえ何らかの薬を服用している人や重度の肥満なら、事前に医師と相談しましょう。